近年、コラーゲンを摂取しようとしている人が増加してきており、コラーゲンを含んでいることをセールスポイントとしている食品が増えてきている。コラーゲンとはたんぱく質の一種であり、身体中のあらゆる組織に含まれており、細胞を繋ぐ役割を果たしている。コラーゲンはあらゆる食品に含まれているため、日常の食事において特に意識しなくても摂取することは可能である。しかし最近コラーゲンをセールスポイントにした食品が多いのはなぜであろうか。以下にコラーゲンのメリットについて述べる。まずコラーゲンのメリットとして挙げられることはアンチエイジングに役立つことである。体内ではコラーゲンは合成や分解を繰り返しており、その結果シワができる。しかしコラーゲンを多く摂取することで合成を繰り返し、新陳代謝を活発にするため肌に良い。またコラーゲンは保湿効果もあるため肌の水分量を保ち、肌に良い効果をもたらす。そのためコラーゲン配合の保湿クリームなども販売されている。またコラーゲンを多く摂取することで健康的な髪の毛を作る。髪の毛を太くし、枝毛を改善したり脱色やパーマなどの負荷を軽減するのである。そのためコラーゲン配合のシャンプーやトリートメントも販売されている。それ以外にもコラーゲンは関節の衝撃を和らげたり、血圧を下げるという効果もある。以上のようにコラーゲンのメリットは様々である。上記に挙げた効果を受けたいのであれば、コラーゲンを多く摂取することをお奨めする。